Men's

谷川哲平 — 守破離、守り尽くして破るとも離るるとても本を忘るな。ジーンズで紡ぐ、袴に秘めた彼の思いとは。

BY PROM JAPAN

2020年10月16日

「デニムのパッチワークで袴を作る」人生の節目といえる成人式に、男性の第一礼装である袴を着る人は多いだろう。そんな袴を自ら、生地を調達し製作した谷川さん 。一見型破りな試みだが、成人という節目における「自分」を表現すべく、「守るべき伝統」を残したそうだ。「人間」とのアナロジーを感じた「デニム」へのこだわりや、成人式における「正しい装い」とは何か、どのような思いで袴を紡いだのか、についてお話を伺った。

現在は、服関連の企画とデザインをする会社で働く。もともと服が好きだったが、手に職を付けるべく、関西美容専門学校へ入学。美容師資格を取得し、18歳から3年半、スタイリストとして活動していた。服飾を本業でやっていこうと思い立ったのはスタイリスト時代から。仕事の傍ら、ブランドの立ち上げの手伝いをしていた。ミシンで服作りを、繊維関係を勉強していた彼は、素材への造詣が深い。とあるラグジュアリーブランドで副店長を経験し、現在に至る。

目次

成人式で袴と聞くと、「文化の伝統を大事にする」というよりも、「同郷の仲間で集まって同じ袴を着る」というイメージがあります。谷川さんは、はじめて袴を着た成人式を見たときにどのような印象を持ちましたか?

先輩の成人式を見て、正直「もったいない」と思いました。伝統を履き違えて袴を着て目立ちたいだけだったら、袴なんて着る必要無い。自分をもっと自由に表現できたらいいのにと思いました。

―それでもなお、袴の製作をしようと考えたのはなぜですか?

  特に大きな理由はないのですが、先輩が袴を着ているのを見て、自分ならもっと違う形でカッコよさを表現できるのではないかと思ったからです。実家が家紋持ちで和服に触れる環境が小さい頃からあったので、和服への抵抗が無かったこともその理由かもしれないですね。生まれた時にはすでに大島紬の着物をおばあちゃんに仕立ててもらっていました。人よりも和服を着る機会が多かったという点で恵まれていたかもしれません。ただ、高校生ぐらいまでは、伝統なんて堅苦しい、面倒臭いと正直思っていました。でも、家を出て美容師などの仕事を通して、いろいろな方と会う中で、先祖が残したものを大事にするのも悪くないなと、ふと感じるようになったんです。家を出てから、父と仲が悪くて、成人式の晴れ舞台に先祖が背負い続けてきた家紋を袴につけたら父が喜ぶんじゃないのか?と思ったんです。実際に袴を着た僕の姿を見て、口には出さなかったけど、喜んでくれていたと思います。 

−たまたま和装に囲まれる環境にいたことと、先輩の袴姿を見て自分も何かできるのではと感じたことが、製作の動機につながったわけですね。しかし、デニムを用いると聞くと奇抜な試みのように思えますが、どうしてデニムを素材として選んだのですか?

デニムと人間って似ていて、自分もデニムのように時間を重ねながら価値を出したいと思ったからです。ヴィンテージデニムがその例だと思います。もともと普通の商品で、普通の価格で売られているものでも、いつかはボロボロになる。それでも、それを「エージング」と呼んで価値が増す。ダメージを受けると、エイジングを経て「ビンテージ」になり、味を増す。人間も同じことが言えると思うんです。「歳をとる」って言う言い方はあまり好きじゃないけど、自分は「歳を重ねる」ことで、時間や経験を積み重なって良いものになっていきたいと思うんですね。

−人間とデニムは同じ。自分をデニムで表現するとは、面白い発想ですね。袴のディテールを教えていただけますか?

  • トップス  シルクデニム 1種類
  • 袴     シルクデニム 1種類
  • 羽織    デニム    48種類

 羽織は、違う種類の物を用いたり、同じデニムでも自分で色抜きを行いアレンジしたものを用いたりしました。一方、ベース(トップス、パンツ)の素材にシルクデニム1種類しか使いませんでした。

 実は生地を何にするのか悩んでいた際に、知り合いの問屋さんから、「面白いデニムが1ロールを入荷しました。でも、誰が作ったかも、どこの国で作られたかもわからないものなんです。」と電話がありました。そして、実際に見にいくと、シルクのデニムが置いてあり、「シルクなのにデニム!?なにそれ。」って始めは思いました。この時点でもう興味津々でしたね笑。一見すると紺色の綺麗なインディゴデニムに見えるけど、太陽光に照らした時に生地が紫色に光るんです!「なんなんこのデニムめっちゃエロいやん!」って思いました。そのまま1ロール買ってしまいましたね。

 今思うと、シルクでできているので光沢があり、たまたま染料とかの兼ね合いで紫色に見えただけだと思うのですが、その時は本当に良い生地に出会えたと思ました。

–なぜ羽織だけはパッチワークで作ったのですか。

 デニムで袴作ろうと思ったけど、単純な全部デニム一色の袴は、どこかの誰かが作ってるんじゃないかなと思いました。目新しいけど、この時代やったら同じこと考えてやっている人いるのではないかと思って。もちろん、ベースは唯一無二の自分を示しているのでデニム一色にしました。でも、それを纏う羽織りには、1パネルを1つの人間と捉えるパッチワークという技法を使うことで、「今までいろんな人に支えられて自分という人間が出来上がっている」というのを表現できるんじゃないんかなと感じました。実際、今まで関わってきた色々な人たちをパッチに例えてみました。傷が入ったものを再染色したり、綺麗なデニムそのまま使ったり、大小様々、色々なデニム生地を使うことによって、様々な人を表現できるよう工夫しました。

―谷川さんの袴には、自分自身だけでなく、支えてくださった周囲の方々への想いも込められているのですね。さて、成人式のニュースなどをみると、どうしても「派手な袴=かっこいい」というイメージがついて回りがちです。成人式は一生に一度の晴れ舞台です。親も子供も素敵な思い出として残したいもの……袴にも派手さばかりが追求されがちではありますが、自分を表現する方法として疑問を感じます。谷川さんはそのような傾向をどう捉えていますか?

全くその通りだと思います。今の成人式で袴を着ている新成人のほとんどは、カッコよさを求める中で「着崩そう」としていると思います。でもそれは、根本的に「本来の着方」を知らないのではないか、という印象を受けます。もちろん、せっかくの晴れ着に対して、「あれダメこれダメ」という堅苦しいことは言うべきではないのかもしれません。以前に比べ、和装の世界もかなり自由度が高まっていますし、時代に合わせて変化していってこそ、次の時代へと継承されていくわけですしね。ただ忘れてはいけないのは、袴の持つ本質、伝統(クラシック)はしっかりと踏襲する事だと思います。成人式という本分をわきまえつつ、本質を残しながら表現する事が大事だと考えています。

 成人式はなんのための日か、もう一度考えて欲しいですね。自分達のためだけではなく、今まで育ててくれた親御さんや周りの方に、自分を成長させてくれたことを感謝するための日だと思います。そういった場面では、「正装」が求められる以上、その「正しさ」をしっかりと理解して欲しいと思います。成人式の服装に、「芸能人の〇〇が着用した物」、「ブランド〇〇の有名なもの」「今一番かっこよく見える着こなし」などという流行りを取り入れるのは、個人の自由だと思います。それでも、場面における「正しさ」を服装にしっかりと取り入れる事で、見た目も変わってくると思います。

そうですね。それでも反対に、日本人は正しさを追求するあまり伝統や前例を無条件に踏襲してしまう傾向が強いとも言われます。もちろん、長く受け継がれているものにはそれだけの理由があるはずで、闇雲に変えればいいという話でもないのですが。谷川さんは、伝統の「守り」と「攻め」の狭間で、何を意識して袴を作りましたか?

「成人式の日にデニムの袴を着る」って聞くと着崩しているように聞こえるけど、袴という定義は絶対に崩すことはありませんでした制作にあたっては、袴の作りや縫製の方法という昔から受け継がれている「型」はしっかりと守りました。素材はデニムを利用しましたが、完全に袴だといえます。

−なるほど、谷川さんの今回の試みは伝統芸術の世界で語り継がれている「守破離」を体現した物ですね。

  • 「守」は基本の型を身につける段階
  • 「破」はその型を破って応用する段階
  • 「離」はそれらに創意を加え、自分独自のものを追求し確立する段階

袴製作においても絶対に踏み外せぬ型を守りつつ、それを止揚して、初めて「自分を表現できるようになる」のですね。

−これから成人式を迎える若者に対して、スーツ・袴を問わず、「服装」とどのように向き合って欲しいと思いますか?

制作したデニム袴は現在も新成人に引き継がれている。

成人式は、一度しかない人生の節目。自己表現をする以前に、成人式の本分を理解しつつ、伝統を踏襲する「守」の大事さを考えるきっかけになってほしいです。伝統とは先人たちが道を極めていく上で、あらゆる無駄を省き最もうまくいく要領を長年にわたって積み上げてきたいわばノウハウの集大成といえます。つまり、「型」である定石を覚え、伝統に込められた想いを理解する事が、「新たな自己表現」につながるだと思います。もちろん、「守」が一番難しいのですが。そして、何より自分を育ててくれた周りの方への感謝も忘れないで欲しいと思います。

https://www.instagram.com/teppeitanigawa/

終わりに

今回お話を伺って、節目における服装は「ただ派手さを追求するだけでなく作り手や着る人の想いを反映させたもの」でなければならないと強く感じました。

私たちProm Japanも、新しい成人式「プロム」を提案するにあたり、新成人の服装はとても重要視している点です。成人式という通過儀礼の際に、正装(ドレスコード)で単に欧米の儀礼を外形的に真似るのではなく、その際、「大人としての装い・立ち振る舞い」の基本を学ぶ事で、大人への一歩を進んで欲しいと考えています。

見た目だけでなく、その装いや場面の本分をしっかりと理解した上で、成人としての自分を表現して欲しいと思います。

デニム袴もレンタルしているそうなので、ご興味のある方はプロム「問合せ」まで!!

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RELATED

PAGE TOP